真空管アンプのメーカー 音の工房>工房概要


真空管アンプ|メーカー|音の工房

 

 

音の工房のご案内

社名

音の工房 (英文:otono kobo)

URL

http://otonokobo.jp/

事業所在地

〒252-0101 
神奈川県相模原市緑区町屋4-12-10

代表者

本間 良廣

電話番号

042-785-3556

FAX番号

042-785-3556

事業内容

真空管アンプ開発・設計製造・販売
真空管アンプ周辺機器製造・販売

商品

・真空管アンプ SK-100シリーズ
・真空管フォノイコライザー SK-EQ10シリーズ
・真空管アンプキット SK-50KTシリーズ

古物商許可番号 許可: 神奈川県公安委員会
番号: 第452770001993号
営業者氏名: 本間良廣
創業

2014年10月20日

休業日 日曜日、祝祭日
休業日もインターネットでの注文やお問い合わせは受付いたします。
営業時間 9:00~17:00



「音の工房」のコンセプト

真空管アンプの音ををもっと多くの方に聴いて欲しい、真空管アンプってこんなにいい音がするんだという実感をぜひ味わって欲しい。
そのような思いを込め、「21世紀の新たな真空管アンプ」をコンセプトにこの「音の工房」ブランドを立ち上げました。

多くのオーディオファンの方、オーディオマニアではないがいい音で音楽を聴いてみたい方など、真空管アンプの良さをぜひ知って欲しいと思っています。
しかし真空管アンプと言っても何百万もするものから2~3万円のキットまでいろいろあります。高価なアンプにはそれなりのこだわりや高級部品を配置していいものに仕上げています。そんな高価なアンプを手に入れることができる人は少ないでしょう。
「音の工房」では誰でも手に入れることができる真空管アンプ作りを目指しています。

とは言ってもこだわるところはとことんこだわります。
性能がいいからと言って外観や見た目はどうでもいいというわけではありません。真空管アンプを持つ喜びをしっかり伝えることも大切だと考えています。コンポやデジタルアンプとはちょっと違う存在感のあるアンプの位置づけです。

真空管の良さを最大限生かすため、回路の工夫や使用部品にもこだわっています。
昔から受け継がれてきた真空管回路にとどまらず、近代的な回路理論や半導体技術も取り入れて、使う真空管の性能を最大限に発揮できる周辺構成となっています。そこが「21世紀の新たな真空管アンプ」のゆえんです。

21世紀の新たな真空管アンプ」を皆様へお届けします。



特定商取引法に基づく表記/個人情報保護方針

■特定商取引法に基づく表記

 詳細掲載ページ→こちらをご覧ください

 

■個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

 詳細掲載ページ→こちらをご覧ください



お問い合わせ

当社に関するお問い合せは「お問い合わせフォーム」または下記までご連絡ください。

音の工房
〒252-0101 神奈川県相模原市緑区町屋4-12-10
TEL/FAX:042-785-3556